Since '95.11.11. 最終更新日時:2011/11/17

ネットワークは、まだまだ不明なことが多い

ネットワークは、まだまだ不明なことが多い はコメントを受け付けていません。

昨日は、定時直後に、前職の同僚からヘルプのiMessageが。

その少し前から、ルータの挙動がおかしい、とメッセージが来ていて、まぁ、10年以上モノのルータなので、ソロソロ駄目ポなのでは? と返事していた。
さすがに、ルータを買いに行ったらしく、新しいルータを付けても、状況変わらず。

20時過ぎに行ってみて、確かに、なぜかクライアントマシンが自己アドレスを取る。
そして、ルータ直結にすれば、まぁ当然設定画面も見えるのだが、HUBを介すとダメ。

同じHUBに挿しているのに、自己アドレスになる、って、何っ? と。
ルータ直後のHUBを2段ともとりあえず変えてみたり、各種やってみて、1回はいけたので、これは、2段まとめて逝ったか? というところになったのだが、最低限の範囲の島へ回している、1~5番のナンバリングされているEtherを挿すと、またダメ。

HUBの、LINK点滅具合を見ていると、無駄に点滅しているポートが1つだけある。
そいつを抜いてみた。
…残りの島で、ネット開通~。

システム管理している人の、足元に居たHUBが、逝っていたらしい。。。

でも、それを解決しても、新ルータは、相変わらず、HUBを介すと、つながらない。
で、旧ルータの方は、以前から時々症状があった、DHCPだけ蒔いてくれない、という状態ではあるものの、以前の設定も飛ばず、復旧していた。

この旧ルータ、なぜだか、ルータが持つグローバルIPを、初めてアクセスしたマシンに、そのままブリッジしてくれて、DHCPなローカルアドレスを与えてくれない。1台、そういう生贄マシンが居たら、その後は、DHCPは発行されるらしい。
しかし、ローカルアドレスでプリンタが存在するので、何かの拍子に、生贄マシンになってしまったら、ネットはつながるのに、プリントできない、という状況になるわけで。

なので、社内では固定アドレスを持つように、ネットワーク設定のプリセットを作って対処していた。
しばらくは、それを徹底してもらうしか無いらしい。

しっかし、辞めてから2週間ぐらいで、後任が来たから、と、引き継ぎをやり、その後もサイボウズLiveでサポートし、とやっていた後任さんは、この2月で辞め。
さらに後任の人、に、なぜにあっしがサポートせにゃならんかのぉ?
これわ、サポート業、で、スポット対応費用をいただいても、良いのではなかろーか。

意図せず、サポート業開始にできそうな雰囲気になってきたw
楽天のスマートペイで、カード対応もできるし、ペイパルで、定期契約でもいいかも。
まぁ、理想は、ニコニコ現金払い、なんですけどね…。

Comments are closed.